ネット副業の永遠のテーマと言える題材にブログやSNSなどで情報発信をしてビジネス展開をした場合、収益化することが出来るのかどうかですが、結論としては収益化は可能です。

まず、ブログが収益にならなくなったのかを考えた場合、多くの方は閲覧者が来ないということが多いです。
ではなぜブログに第3者が来ないのかを考えていくとブログ自体の作りに問題があると気が付きます。そこで収益を得ている方の多くはブログの作りを日夜見直して一つのビックコンテンツとなるよう改良をしているのです。

逆を言えば、ブログを立ち上げて満足しているだけではだめで、発信する情報をきちんと整理して中身がある情報を発信しなければ、近年の検索エンジンでは検索対象候補にすらならないのです。その為ブログで収益を得ている人は検索エンジンに引っかかりやすいワードを盛り込みつつ、文章を考えているわけです。

これはブログだけではなく、SNSやTwitterも同様に文章だけで表現をするわけですから文章の中身がない場合、検索エンジンすら反応しないのです。

では、具体的にブログで上位の人物の文章はどうであるかというのを検証した場合、面白みがある文章だったり物事をストレートに表現しているなどがあげられます。
要は面白いコンテンツとして成立しているからこそ上位に表示されるのであって、面白い物であれば検索エンジン上から検索ワードを入れるだけで表示されるという仕組み上、ブログには面白さやストレートに物事を表現する表現力が必要になります。

これらを併せ持つと一つのビックコンテンツになるのですが、やりすぎた場合どうなるかと言いますと炎上ということにもなり得ます。
ですがこれも一つの戦略で炎上商法という戦略に変化可能なのです。
ただし、炎上商法はいい意味では注目を浴びる的になれることですが、悪い意味ではいつ引きずり下ろされてもよい状況下の中ビジネスをしているにすぎず、場合によってはその報いを受けることもあるのです。

以上がブログは収益化をすることが可能であるかどうかですが、結論は可能であると言えその理由はいまだ情報収集や面白いことの他ストレートな意見を探すとなると第3者が書き上げているブログが人気であるが故ブログは収益化をすることが出来るコンテンツの一つであると言えます。
もちろん、ブログだけに関わらず情報を発信しているというコンテンツであればTwitterやSNSなども同様に収益化可能なコンテンツであると結論付けます。